--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 04. 04  
私がかつて勤めていた札幌のスーパーで、3度の飯より競馬が好きな上司がいた。

それもかなりの高確率で当たり、馬の脚質やクセは勿論、各競馬場の芝の長さや騎手の特徴まで全てインプットされ、日曜日のレースの天候と馬場状態を見極めながら、いつも週末には休憩中に赤ペン片手に、競馬新聞を読み漁っていた。

よほど大きなセールがない限り当然日曜日は休み、仮に出勤しても頃合いを見計らって馬券購入のため途中で抜け出していたほどだ。

日曜日のスーパーは客数が多く店内は混み合うものの、市場が休みで配送も殆どないため、意外と裏(バックヤード)での仕事は結構ヒマなのだ(笑)。

また彼は“売れる”売場のレイアウトづくりや、発注の精度が高くロスも限りなく抑えた上で結果も出すという、とにかく仕事が出来たため、少々日曜日に中抜けして競馬に興じていても、店長をはじめ皆が笑って見過ごしていた。

とある夏の日曜日、いつものように休みだった上司が、満面の笑顔で職場に顔を出しに来た。

なんとその日のレースで、60万馬券を当てたと言うではないか。

何ともすこぶるご機嫌で、
「ご祝儀だ、呑みに行くぞ」
と、どこか私のすすきのの行きつけ店でも行くかと言うのだ。

いやいや、嬉しいやら驚いたやら(笑)。

結局、仕事を終えて上司と私、私と同期の同僚との3人ですすきののパブと焼肉店でご馳走になり、とても楽しい夜を過ごした。

この上司とすすきのへ足を運んだのは、後にも先にもこの日1回だけだったが、楽しかった記憶は15年以上経った現在でも鮮明に残っている。

仕事中に馬券のために中抜けするし、朝は出勤した私からの電話が目覚まし時計代わりだし、いつも洒落た色もののYシャツとネクタイを着用し、お世辞にもスーパーの社員とは思えない風貌で。

しかしながら何事にもプラス思考で、お客さんに“魅せる”売場づくりのセンスと、出来る出来ないをはっきりさせ、誰にも文句を言わせない求められている以上の数字(売上)を出す。

それを見ていた経験が、後にコンビニエンスストアでの売場レイアウトや、“切らさず残さず”の発注精度に私が自信とプライドを持てたことに繋がった。

良くも悪くも、現在の私が社会人として世を渡る上で最も影響を受けた、唯一無二の上司だ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
すすきの老舗キャバクラにて…ゲスな話。
NEW Topics
すすきのパブ、清(さや)かアルコールに海月の如くクリアな接客。
すすきのパブ、麗しく美しい個性に実りを。
すすきのパブ24周年、“ボス”“裏ボス”存在欠かせず。
すすきのパブ、根付いて24年。
すすきの情報誌、まさかの驚きが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タツオキ

Author:タツオキ
H&Pコミュニケーションズ北海道代表の、すすきの放浪記です♪
すすきのが好きな方、すすきのへ行ってみたい方…いらっしゃいませ(笑)

◆ 事業内容

各種スポーツ・文化的イベント主催および多種多様なサークル活動、老若男女が一同に集える場や機会のご提案・ご提供。

◆ H&Pコミュニケーションズ北海道
代表: 田口 達興 (タグチ タツオキ)
メール hpho711@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
H&P北海道ブログ訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。