--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 12. 02  
その夜は平日、既に仕事から帰宅し自宅でゴロゴロ寛いでいた。

『変なお客さんが来て色々面倒なことになってるから、来てくれない?』

21歳の頃だったか、初めて行ったニュークラブでついついお気に入りになってしまい、それまで2度ほど指名したコからのメール。

最初は意味が分からず、友人に連絡すると『それ営業メールだから、行かない方が良い』とのこと。
その返答に更に意味が分からなくなった私はとりあえず“助けに”行こうと思い、財布に2万円あるのを確認してすすきのへ。

店は大きな雑居ビルの、エレベーターを降りたらフロアーの殆どを占めている、大型の老舗ニュークラブ。

彼女は私の顔を見るなり、何事もなかったかのように
「来てくれてありがとう〜(*^^*)」
と言い、私が「変な客は?」と訊くと、
「ん?あぁ〜もうさっき帰った」
と、どこ吹く風。

私は変だなと思いつつも持ち合わせが2万しかないことを伝えると、VIPルームに入りフードを注文しカラオケを唄うなどいつも以上の接客を受け、90分の時間になると目の前には【¥20,000】と書かれた会計伝票が。

結局最後まで“変な客”の話題には一切触れることなく、当たり前に会計を済ませ「気をつけて帰ってね」
と見送られ、店を出た。

皆さんはもうお察しのことでしょうね(笑)

…そう、つまりメールにあった『変な客が来ている』というのは、私を店に呼ぶための嘘っぱちで最初から作り話だったのだ。

時計の針は既に深夜1時。

色々とメールを受けた時からのことを順に、頭のなかで整理しながらトボトボと歩いているうち、ようやく友人が伝えてきたメールの意味が理解出来た気がしたのと同時に、夜の世界の“怖さ”を知ることに。

90分で20000円。。。

社会に出てから間もない、大人の夜には年端も行かない小僧にとって『営業メール』という単語ひとつ覚えるには、あまりに高すぎる授業料となった。

スポンサーサイト
NEXT Entry
招かれざる客。
NEW Topics
すすきのパブ、清(さや)かアルコールに海月の如くクリアな接客。
すすきのパブ、麗しく美しい個性に実りを。
すすきのパブ24周年、“ボス”“裏ボス”存在欠かせず。
すすきのパブ、根付いて24年。
すすきの情報誌、まさかの驚きが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タツオキ

Author:タツオキ
H&Pコミュニケーションズ北海道代表の、すすきの放浪記です♪
すすきのが好きな方、すすきのへ行ってみたい方…いらっしゃいませ(笑)

◆ 事業内容

各種スポーツ・文化的イベント主催および多種多様なサークル活動、老若男女が一同に集える場や機会のご提案・ご提供。

◆ H&Pコミュニケーションズ北海道
代表: 田口 達興 (タグチ タツオキ)
メール hpho711@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
H&P北海道ブログ訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。