FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 01. 14  
札幌の冬を彩る一大イベント『第68回 さっぽろ雪まつり』が、来月6日から(一部1日から)12日まで開催される。

今年も自衛隊や市民の皆さんが手掛ける、大雪像や氷像が展示される【大通会場】、巨大な雪のすべり台やスノーラフトなどが楽しめる【札幌市コミュニティドーム(つどーむ)会場】、美しい氷像や氷彫刻が展示される【すすきの会場】の3会場で、氷雪と光との幻想的な空間を堪能することが出来る1週間だ。

現在、その雪像制作に必要な雪を、大通公園に集めている真っ最中。

ここ数年札幌は雪不足で、江別や岩見沢をはじめ、元々雪の少ない千歳や恵庭方面からもかき集め、大雪像を1基制作するのに5トントラック500台分、小さな市民雪像でも2台分の雪を運んでいたが。

今年の札幌は早くから大雪に見舞われ、雪まつりにとってはまさに“恵みの雪”で、札幌市内のみの雪で充分間に合いそうだ。

また、すすきののネオンと、夜にはライトアップされる透き通った氷像との、コントラストが美しい『すすきのアイスワールド2017』。

氷像の鑑賞のみならず、氷に触れることが出来たり、氷のBARで飲み物を頂くことも出来るのだ。

一方、すすきの会場の氷像の目玉ともなっている、氷のなかに魚を埋め込み、まるで氷のなかを魚が泳いでいるように見える『魚氷(さかなごおり)』。

昨年、北九州市の施設が企画した、魚を埋め込んだスケートリンクに対する批判を受けて、今回の展示を中止することも含めて検討中だそうで。

もう10年も前から展示されている、来場者に最も人気のある氷像のひとつなだけに、どうにかならんものかと思うのだが。。。

そしてまた、今年もすすきののニュークラブやパブスナックなどでは、雪まつり期間中の限定イベントや割引料金で楽しめる店が、多くありそうだ。

すすきのが氷と光の美術館となる、幻想的な7日間を迎えるまで、残り1ヶ月を切った。
スポンサーサイト
NEXT Entry
すすきの情報誌、まさかの驚きが。
NEW Topics
すすきのパブ、清(さや)かアルコールに海月の如くクリアな接客。
すすきのパブ、麗しく美しい個性に実りを。
すすきのパブ24周年、“ボス”“裏ボス”存在欠かせず。
すすきのパブ、根付いて24年。
すすきの情報誌、まさかの驚きが。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

タツオキ

Author:タツオキ
H&Pコミュニケーションズ北海道代表の、すすきの放浪記です♪
すすきのが好きな方、すすきのへ行ってみたい方…いらっしゃいませ(笑)

◆ 事業内容

各種スポーツ・文化的イベント主催および多種多様なサークル活動、老若男女が一同に集える場や機会のご提案・ご提供。

◆ H&Pコミュニケーションズ北海道
代表: 田口 達興 (タグチ タツオキ)
メール hpho711@yahoo.co.jp

最新コメント
最新トラックバック
H&P北海道ブログ訪問者数
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。